Live Report

Generation Crossin' Vol.6

『 「始めること」は誰だって出来るんだ。「続けること」こそ、大切なんだ。
   難しいんだ、「続けること」は。でも、「続けること」は金字塔なんだ。
   バンドを「続けてる」、そしてこのイベントを「続けてる」熱い奴らの
   意地と負けん気を感じてください。
   「カッコわるい」ってことが本当は一番「カッコいい」んだぜ・・・。 』
               Generation Crossin' プロデューサー大友勇作(Big-Dipper)
 
今回で6回目となる大友勇作プロデュースGeneration Crossin'
高校生から40代まで、そして国を越えてのCrossin'もありました。
今回は特に10代の熱いパワーを感じました。
若い力で会場を盛り上げてくれ、とても楽しい夜でした。ありがとう!!



【From Line】
かわいらしい女の子達で、楽しそうに演奏している姿を見ると、こちらまでも嬉しくなります。
大友は「彼女たちのコラボでやりきった」と、とても嬉しそうに満足していました。
指を骨折してる子もいたり、試験期間中だったりと、そんな中最後まで盛り上げてくれてありがとう!


【SecretClover】
観客と一体となって盛り上がっていました。
激しさ・勢いだけでなく、メロディアスな曲もあり、若くしてオリジナル完成度が高いです。
今回このイベントは彼らが中心となって盛り上げてくれました。
アルコールなしで打ち上げにも参加してくれ、若き好青年たちよ、ありがとう!


【米津橋ボーイズ】
夏の碧南ロックGIG以来でしたが、メンバー変更もあり以前よりもさらにカッコ良くなっていました。
ホーンが2人ってのも効いていて、色々なジャンルの曲がカッコよくアレンジされていました。
ステージングも考えてあり、もっといろんな曲を聞いてみたい観てみたいと思いました。


【Big-Dipper】
扉を開けるとステージ前には人が一杯。一曲目から拳を振り上げ盛り上がってくれ、
仕込以外のアンコールまでもらって、トラブルもありましたが
最高でした。とっても楽しく気持ちよかったです。

出演者関係者の皆さま・見に来ていただいた皆さま、最後の演奏まで残ってもらい
とてもよい雰囲気をつくって頂き感謝感激です。ありがとうございました!



出演全バンドLive PhotoGallery  写真クリックで拡大スライドします。
(Big-DipperはROWSONGS15 suzakuさんに撮ってもらいました、ありがと〜)

演奏曲

  1. 1. Destiny
  2. 2. Bridge
  3. 3. ユニオンロッカー
  4. 4. 激しい雨が
  5. 5. Rolling On
  6. 6. ff
  7. アンコール. HOUNDDOG

過去ライブレポ

2010.10.9PankRockParty Vol.32
2010.7.18碧南ロックGIG 2010
2010.6.12Live at 58月
2010.5.29刈谷ロッキン『Generation Crossin' Vol.5』
2009.11.14刈谷ロッキン『Generation Crossin' Vol.4』
2009.10.3名古屋緑区アランプーサン
2009.9.27東海市元浜なぎさコンサート
2009.7.19碧南ロックGIG 2009
2009.5.30刈谷ロッキン『Generation Crossin' Vol.3』
2009.4.29刈谷ハイウェイオアシス『野外ミュージックライブ』
2009.2.1常滑ポップジャム 2009
2008.11.15刈谷ロッキン『Generation Crossin' Vol.2』
2008.7.26名古屋ムッシュ『ロックンロールスライダーVol.3』
2008.7.20碧南ロックGIG 2009
2008.5.17刈谷ロッキン『Generation Crossin' Vol.1』