Live Report

Generation Crossin' Vol.8
  〜The Sun Aiso Rises〜

〜鋼鉄(はがね)のように強い精神と、咲く花のようなやさしいこころを持って
手をつなぎ合ってともに歩いてゆこう(作家・伊集院静氏)〜

『この国を動かすのは、政治でもお金でもない。人間のチカラと音楽のチカラだ。
   日は、また昇る。
   俺たちは、いつも音楽に励まされ、パワーをもらってきた
   それだけを信じて、俺たちが今できること、そのすべてを東の空に届けます・・・』
               Generation Crossin' プロデューサー大友勇作(Big-Dipper)
 
第8回となる大友勇作プロデュースGeneration Crossin'
今回も世代交差の目的通り、高校生バンド2組に40代までの幅広い年齢層が集まりました。
ライブは異様に盛り上がり、Generation Crossin'始まって以来、過去最高の盛り上がりでした。
「盛り上がったね、楽しかったね」という声が聞け、イベントは大成功。
この成功は、見に来てくれた人達・出演者・関係者が創り出してくれたものです。
皆さんのff大合奏、素晴らしかったです。本当にありがとうございました。



【Re☆脱】
徐々に会場に人が集まり、最後には観客後ろの人たちまで、皆さん手を振っていました。
「大仏ロックンロール」定着してきてますw


【ポリプロピレン】
高校生ですが、一番大人っぽい雰囲気を出していました。
安感定ある演奏でBARで流れるようなアドルトな感じです。


【Crazy Bear Sandwich】
いつもながらステージパフォーマンスが素晴らしいです。観客もヘドバンして盛り上がってました。
メロイック・サインも浸透してきてます。Naaaaaaaaaaa〜〜


【フライハイト】
元気いっぱいに演奏し、観客の高校生たちもそれに応えるようノッていました。
ライブ後、「よかった、よかったね」って声が聞こえてきました。


【Big-Dipper】
異様?な盛り上がりでした(笑)他のバンドさんを見に来てくれた人達も最後まで残ってくれ、
前のバンドさん達の盛り上がりをそのまま受け継ぎました。
ffを拳振り上げながらジャンプしての応援、すごかったです。
本当にありがとうございました。

全出演バンド ダイジェスト。 観客の盛り上がり、ffの合唱が素晴らしいですw

=出演バンド=
1. Re☆脱
2. ポリプロピレン
3. Crazy Bear Sandwich
4. フライハイト
5. Big-Dipper

演奏曲
 1. 激しい雨が
 2. BRIDGE
 3. GoGoサタデイナイト
 4. Destiny
 5. On The Rise
 6. ff

全出演バンドLive PhotoGallery  写真クリックで拡大スライドします。

写真撮影:Seiji & Cさん 動画撮影:Daichi & Seiji ありがとね

過去ライブレポ

2011.11.13刈谷ハイウェイオアシス ノスタルジックコンサート
2011.10.29NEW SOUNDS WAVE Vol.5
2011.7.17碧南ロックGIG 2011
2011.5.28Generation Crossin' Vol.7
2010.12.26COPI ROCK 2010
2010.11.20Generation Crossin' Vol.6
2010.10.9PankRockParty Vol.32
2010.7.18碧南ロックGIG 2010
2010.6.12Live at 58月
2010.5.29刈谷ロッキン『Generation Crossin' Vol.5』
2009.11.14刈谷ロッキン『Generation Crossin' Vol.4』
2009.10.3名古屋緑区アランプーサン
2009.9.27東海市元浜なぎさコンサート
2009.7.19碧南ロックGIG 2009
2009.5.30刈谷ロッキン『Generation Crossin' Vol.3』
2009.4.29刈谷ハイウェイオアシス『野外ミュージックライブ』
2009.2.1常滑ポップジャム 2009
2008.11.15刈谷ロッキン『Generation Crossin' Vol.2』
2008.7.26名古屋ムッシュ『ロックンロールスライダーVol.3』
2008.7.20碧南ロックGIG 2009
2008.5.17刈谷ロッキン『Generation Crossin' Vol.1』